2019年1月17日木曜日

『Bike in the sky』#113 新年早々に・・・これって厄払いか!?

こんにちは。

T-PADDOCK630のブログ記事を今年から再開することになり今号が、その第3弾!

今回の記事はタイトルの「新年早々に厄払いか!?」ですが新年の初詣で、おみくじを引き
”大凶”が出たというものではありません。

しかし、現実に正月三が日の1月2日には月ヶ瀬へ初詣?
その月ヶ瀬のお茶屋さん手前の橋の上で・・・事件が・・・

そんなこともあって13日の日曜まで月ヶ瀬詣では自粛することに。

しかし、その13日はお天気も良く、バイクに乗るには冬場としては”まぁまぁ”ってコンディションです。
とは言え、バイクに乗るには少々気が引け、結局はBeckで詣でることに・・・

久しぶりに月ヶ瀬に引っ張り出したBeck550Spider!
2輪ではなく4輪ですが、このBeckの乗り味は完全に2輪と同じなのです。

月ヶ瀬の峠道しかり、また阪奈道路のような直線の多い道でもタコ足、直管マフラーからの快音を
響かせながら非常に気持ちよく走ってくれます。

しかし、寒さの体感はほとんどバイクです。
月ヶ瀬に着けば、数台の月ヶ瀬信者のバイクが・・・

着くなり、信者さん達からは2日の事件の詰問攻めに・・・

信者1:「どう?治ったん?」
筆者 :「お~!治ったよ!」
信者2:「いくらかかったん?」
筆者 :「パーツ代で4万ちょっとかな。別にJAFの2万が痛いわ!」
信者3:「ケガは?」
筆者 :「いや~、右の拳がちょっと・・・」
信者4:「じゃあ電熱のグローブは?」
筆者 :「おかげさんで電熱の損傷はなし!」

と言うような有様で筆者への身体の気遣いは、極わずか・・・

よって、当日は早々と退散!

すると、携帯に「明日、Beckでもう一回、月ヶ瀬においでや!」とメッセージが・・・
送り主は月ヶ瀬林道部部長のN川氏。

さらにメッセージには「月ヶ瀬から、そのあと”カフェ7”に行こうや!」と・・・

で、翌日は”成人の日”ということで休日。
とうぜんN川部長のお誘いは断れることなど滅相もないことで、「参ります。」と返事。

そして翌日、昨日にも増して天気は快晴。
のどかな平和な月ヶ瀬での楽しい雑談で10時まで過ごし一路、カフェ7まで!

筆者は月ヶ瀬信者の間でよく話に出るカフェ7には今まで行ったこともなかったので
ちょっと楽しみにして向かいました。
(上の画像、カフェ7さんに撮影していただきました)
カフェ7までは月ヶ瀬お茶屋から約15分ぐらいで着きましたが意外と離れた所にありました。

カフェ7に着くとコブラ(レプリカですがエンジンはマジの427)やらBMW2002、
1980年頃のポルシェ911タルガ、ケイマンGT3仕様?などなど・・・
すごいクルマや「乗りてぇ~!」と筆者も思うクルマなど、なかなか楽しいカフェでした。
(上の画像、カフェ7さんに撮影していただきました)
右のロードスターはN川氏のクルマ!

このカフェ7で小1時間の大人の時間をN川氏と過ごし、「たまにはこういう時間も良いモノだ。」と
思ったところで引き上げました。

さて、ここで「厄払い」の話しに戻しますが、いったい何で厄払いをしたのか!?

それはT-PADDOCK630が所有します看板バイク、CB750K0です。

冒頭2日の事件の詳細ですが、当日の早朝に家を出て8時ぐらいだったでしょうか、
月ヶ瀬お茶屋さん手前の橋に近づいた辺り、10m前でおばちゃんが運転する普通車がもたもたしておりました。
止まるでもなく、進むでもなくという状態で、筆者はゆっくりとCBで右から抜きにかかりました。
そして、前日の雨もあって橋の上は「ぜったい凍結してるかも・・・」と用心に用心を重ね・・・
橋に対して直角に進入!

橋の鉄板にCBのフロントタイヤがかかり、そこから数メートル進んで「そのまま真っすぐ進むだけ・・・」
と思った途端、フロントタイヤの接地感がツルンという感じでもなく、ふわ~という感じでもなく
気がついたら左にドンガラガッチャ~ン~~!ガリガリ、ガッチャ~ン!
と2,3m進んで横倒しでストップ!

完全に氷の上に乗ってしまっての転倒です。

慌ててCBを起こし左クランクケースを見るとダイナモカバーが・・・
(ガレージに戻っての撮影です。)
結局、そこでCBの心臓は止まってしまいました。

慌ててCBを起こし、橋を渡ったところの駐車場でレスキューを手配。
そこから、お茶屋まで50mちょっと?の距離を押して移動!

あと僅かのところで先着の信者さんたちが気づいてくれ、お手伝いを頂いてお茶屋に到着。

そこで待つこと1時間ほでレスキュー車に載せT-PADDOCK630ガレージへという
真に「大凶」という事件だったわけです。

しかし、戻ってからも何が悔しいかって、凍結予測をしていたのに・・・
そして、月ヶ瀬名物の「凍結橋に進入する時は真っすぐ直角に進入すべし」と
格言も理解して進入したにも関わらず・・・です!

で、腹を立てても仕方ないので「まぁ、厄払いやと思って・・・このぐらいのダメージで良しとしよう!」
って話です。

戻って、直ぐにダメージ箇所を特定し、そのパーツを発注!翌週には到着して交換作業&周辺の分解清掃!
画像の通り、難なく修復完了ですがダイナモカバーだけが、やたらキレイ。
この色差をどうするか、新品パーツにエイジングをかけるのか・・・

この状態を、また月ヶ瀬に行った時にでも信者さんの意見を聞いてみようと思います。

どちらにしても筆者は年齢も十分、ジィさんの領域。
一年一年、老化で体力は格段に落ちてきております。
「安全を確実に担保できる状態でないと乗ってはいけない」と天の声と心得、今年一年を過ごしたいと思いました。

バイクに乗られる皆さん!
くれぐれも過信は禁物です!

それではまた!

T-PADDOCK630 T/Tatsumi

2019年1月10日木曜日

『Bike in the sky』#112 VespaCarの続きのはなし

こんにちは。

2019年も、いよいよ本格的に始動し始めました。

また、本日は「十日えびす」!
今年のビジネスの成功を祈願されに各神社に行かれる方も多いのではと思います。

そこで「今年の景気は・・・?」と、毎年この時期になりますといろんなところで景気のアナリストの如く
”にわか評論家”が世間では増えます。

その今年の”にわか評論家”の多い中小企業さんの声で一番多く感じたのが皆さん、けっこう楽観視されていることでした。
この手の話しをすると、どんどん長くなりますので、こちらの話しは「T-PADDOCK630のビジネスブログ」の方で機会があれば記事にしたいと思います。

当のT-PADDOCK630の景気は・・・となると筆者はいきなり”寡黙”にならざるを得ません。

それは、やはりT-PADDOCK630内の在庫が増えてきていることに起因します。
在庫と言いましても、けっして”不良在庫”?ではないのですが・・・

その在庫話で本日は年末に挙げました”VespaCar P50”の続きの「へ~、そんな事もあるんや!」の話しです。
画像のこのVespaCar、T-PADDOCK630に来たのが昨年の4月。

それ以前のオーナーが平野だったと思う?のN口さん。

そのN口さんはどこから、このVespaCarを手にいれられたのかは不明です。

ここからは半分は推測で話を進めますが・・・たぶん
N口さんの前の方との間に”雑貨屋”さん的なところで、しばらくは置いてあったらしい感じです。

その雑貨屋さんにVespaCarを貸出ししていた方が・・・
このお方、私の今や友人で「Under Wood Brand」(Under Wood Brandはこちらで)
のオーナーの木〇さん!

年末に久しぶりでT-PADDOCK630に遊びに来られました。
そして、T-PADDOCK630に来て、VespaCarを見るなり・・・

「え~、珍しいモンありますやん?」
と、繁々とVespaCarを嘗め回すように検分!

そこから
「う~ん・・・う~ん、う~ん!」と唸りだし、
「こいつ、僕のですやん!」と所有権の誇示!

筆者は「え~、ほんまかいな!?」と聞き返すも
木〇さんは
上の画像のキャビンバックの左サイドから右サイドまでの黒い点々を指して
「この点々、僕がエイジングで味付けした時のマンマですやん!」と更に所有権を誇示。

で、手放した経緯を聞くと・・・

このVespaCarは”Under Wood Brand"には10数年前に貸出し専用でビジネスで使われていたそうです。
よって、有名どころのイベント用には引き合いが多数あったそうで、その中の上述の”雑貨屋”に貸出ししたそうです。

ところが、その雑貨屋が店内の飾りでVespaCarを鎮座させたところで店内の改装?なのか、その辺りは不明瞭ですが、とにかく気がつくとVespaCarは外に出せない状態になってしまたという、マンガみたいな状態になったらしいです。

で、そのまま何年もその雑貨屋にあって、
「もう、あげたつもりで、ほってましてん!」

そして、しばらくして、その雑貨屋は店を畳んだ?だったかな・・・
木〇さんが雑貨屋に行った時、「VespaCarは?」と尋ねると
雑貨屋のオーナーは
「すんません。処分しました!」
と行方知れずになってしまったそうです。

その雑貨屋から筆者が譲ってもらったN口さんにダイレクトに渡ったかは不明ですが、回り回って
T-PADDOCK630に来るのは、やはり世間は狭いと言いますか、または縁があったと言いますか、
数奇な運命をこのVespaCarには感じます。

在庫が増えて・・・と嘆いているように聞こえますが、こういう裏話を知ると人間に例えれば
なにかの理由で苦労を背負った子供さんをT-PADDOCK630が保護しているような慈善活動にも思えてきます。

いやいや、そんなこと言うてる場合ではありません。
やはり、在庫は減らさなくては・・・在庫はこちらt-paddock630.com!!

とにかく、偽善活動と思われても・・・です。


ではまた!
T-PADDOCK630 T/Tatsumi

2019年1月1日火曜日

『Bike in the sky』#111 Happy New Year 2019

あけましておめでとうございます。



いよいよ、2019年のはじまりです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年にあたってT-PADDOCK630のブログを再開いたします。

その新年第1段は昨年末にご案内させていただきましたT-PADDOCK630サイトに
新たなバイクを仲間入りさせたところから始めたいと思います。

今回、サイトにあげましたバイクは3台です。
そのうちの1台は年末にご紹介いたしました''VespaCar P50 Ape''ですが、残り2台は・・・


まず、''Ducati Mach1(マッハ1)''です。

月ヶ瀬信者の皆様には、すでにお馴染みのことと思いますが、
不動車状態から走るようになるまでのストーリーは、たしか、まだであったような・・・

画像は、その不動状態から走れるようになるまでの''お助け本''
いわゆる''サービスマニュアル''ですが、この本に至ってはただのサービスマニュアルではありません。

というより1964年製バイクのサービスマニュアル、それもイタリア製となると、それはもう手に入らないコレクターズアイテムと言えるでしょう!?

この本はサービスマニュアルにより、さらにマニア向けの''Ducati Singles Restoration''というレストア教本です。

そもそもMach1も手に入りにくいバイクですが、このレストア教本もいったいどこで手に入れたのか!?

それは、東京代官山の「TSUTAYA書店」です。
ちょっと、リサーチで代官山に行った時のことです。
「ここのTSUTAYAやったら、ひょっとしたらマッハ1の本があるのでは・・・」と店内のそれらしきコーナーへ!
すると・・・
「お〜!あるやないの!」
で、手に取り、中身をパラパラ!
「え〜!レストアマニュアル?すごっ!」

で、お値段は>と裏表紙に目をやると・・・なな、なんと!
「21,000え~んんん!」
「でも、まぁするやろな・・・」ってことでお買い上げに至りました。

そんなこんなで、再始動後ほぼ半年以上が経ち、品質にも一応の目処が立ったということでサイトアップが決まりました。

そして、3台目が、
これも月ヶ瀬信者にはお馴染みの"NSU Sports Max"

このNSUは本田宗一郎さんも、たぶん相当参考にしたであろうバイクですが、現在のバイク乗りには

「それが、どうしたぁ!?」と言わんばかりに''ゲテモノ''でも見るような暖かい?眼差し!

しかし、筆者にとりましては初めて見た時・・・「うわぁ~めっちゃ、かっこエエ!」と・・・
筆者は最近、人様と趣向が相当ずれている? または違う言い方をすれば人と同じものでは満足できない?
もしくは、とにかく個性が欲しい!と・・・やや変態ではと思うのです。

こういう方向は皆さまには如何でしょう?

是非、ちょっと変わったT-PADDOCK630サイトt-paddock630.comにお越しください!

では、次回はVespaCarの続きのお話です。

T-PADDOCK630   T/Tatsumi